タナカ石材株式会社

タナカ石材の強み

トップページ > タナカ石材の強み > 静岡で100年の歴史

静岡で100年の歴史


明治39年「勝呂組石材部」の名称で石材の採掘事業を開始し、「田中商店石材部」の基となる
昭和9年静岡市役所 本館工事
昭和12年静岡県庁舎工事
昭和36年田中商店石材部から分離・独立、田中石材興業(株)を設立
昭和60年県立美術館外構工事
昭和61年 ~62年静岡市長沼に、事務所、工場完成、開設
昭和62年 ~平成22年駿府城公園及び周辺地区の石垣工事(平成22年まで)
昭和63年
田中石材興業(株)から「タナカ石材(株)」に社名変更
平成元年
静岡県庁工事
平成 4年
静岡銀行呉服町支店ビル工事
平成 5年墓石展示場として墓石ギャラリー「菩提樹」オープン
平成 6年東海道広重美術館ホール工事
平成10年
駿府匠宿工事
平成12年 (~随時継続)
久能山東照宮石垣、参道、階段、廟所工事、災害復旧工事(現在まで)
平成23年~27年
富士山世界遺産構成資産改修工事
(村山浅間神社、人穴富士講遺跡、須山浅間神社、山宮浅間神社)


県立美術館
建築石貼工事(県立美術館)
呉服町 スクエアビル
建築石貼工事(呉服町スクエアビル)
白髭神社 鳥居
鳥居工事(白髭神社)

久能山 石垣 災害復旧
石垣改修工事(久能山)
駿府城公園
石垣復元工事(駿府城公園)
永代供養塔 新光明寺
永代供養塔工事(新光明寺)



ページの先頭に戻る